温泉での注意点


温泉には「禁忌症」というものがあり、当該する症状においては、
入浴をひかえることを訴えたものがあります。

「浴用の一般禁忌症」として下記が挙げられ、
温泉分析書、または別紙効能表に記載されています。


楽しい温泉旅行で泣かないためにも
禁忌症についてここで軽く学んでおきましょう。

 

禁忌症

急性疾患(特に熱のあるとき)、活動性結核、重い心臓病、悪性腫瘍、
呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他病勢進行中の疾患、妊娠初期

その他、下記のような症状にあてはまる場合には、完治するまで温泉入浴は控えるべきです。

01. すべての急性疾患(熱のあるとき)
02. 慢性関節リウマチの病状進行期
03. がん、白血病、肉腫
04. 重症高血圧、動脈硬化症
05. 1年以内の心筋梗塞、狭心症発作(心電図等で判断)
06. 重症糖尿病
07. 代償不全の心臓病、腎臓病
08. 発病後間もない脳卒中
09. 発病後間もない胃・十二指腸潰瘍
10. 大血管の動脈瘤
11. 妊娠初期と後期、出血しやすい体質、月経中
12. 急性伝染病
13. 高齢者、乾燥肌の人は、硫黄泉、硫化水素泉の入浴は避ける
14. 強アルカリ泉も人によっては肌がかさつく
15. 皮膚粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人は硫黄泉を避ける

温泉の効能は計り知れないものがありますが、
万能ではないので、「禁忌症」等を考えて入浴しましょう。

 

飲泉

温泉には、成分分析上は飲泉による効能が認められていますが、
多くの温泉は、保健所が飲泉を許可していない場合がほとんどだったりします。

また、飲泉は刺激が強いので注意が必要です。
できるだけ、入浴による健康増進におつとめください。

飲泉をされる場合は、できれば医師などの指導を受けてください。


飲泉の主な効果についてあげてみました。

☆貧血、出産後、萎縮性胃炎、リウマチは「鉄泉」
☆慢性胃・十二指腸潰瘍、痛風、過酸性胃炎には「アルカリ性泉」
☆無〜低酸性胃炎には「酸性泉」
☆胆汁促進、動脈硬化予防には「硫酸塩泉」

飲泉の際の注意

1.気体の二酸化炭素(炭酸ガス)やラドンは空気中に飛んでしまい、
炭酸鉄やカルシウムなどは沈殿して吸収されなくなります。
また、衛生上の問題、温泉の鮮度により、飲泉は温泉の湧き口から直接飲むようにしましょう。

2.飲泉量は100〜200mlを1回分として、ゆっくり噛むようにして飲むのがコツです。
1日量は200mlから1,000mlまでとします。飲みすぎると食欲が低下するうえ胃腸を痛めます。
夜の飲みすぎは排尿が近くなり睡眠を妨げるので注意しましょう。
強塩泉や酸性泉、含アルミニウム泉、および含鉄泉は、泉質と濃度により希釈して飲用しましょう。

3.普通は、食前30分から1時間、または空腹時に飲用し、
夕食後から就寝前の飲用はなるべく避けましょう。
塩化物泉や二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉(重曹泉)は早朝空腹時と夕食前の飲泉がよいです。
含鉄泉、放射能泉、ヒ素、ヨウ素を含む温泉は食後に飲用するようにします。

4.鉄泉の飲泉直後は、タンニンを含むお茶は鉄の吸収を妨げ、歯を黒く染めるので避けましょう。

5.酸性泉は適当に湯または水で薄めて飲むか、
またはストローで飲まないと歯を傷めるので注意が必要です。

 

飲泉の禁忌症

飲泉は消毒していない湧き水を飲むことになるので、効果が大きい分注意も必要です。
温泉ごとの薬効成分(泉質)によって禁忌症も異なりますが、主なものを例として挙げてみました。

■高血圧症、腎臓病、その他むくみがあるとき
  →塩化物泉、ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)、ナトリウム硫酸塩泉(芒哨泉)は多量に飲まない

■甲状腺機能亢進症のとき
  →ヨウ素を含むものは飲まない

■下痢をしているとき
  →二酸化炭素泉、硫黄泉、硫化水素泉は飲まない

注目サイト

中野区エリアでおすすめの葬儀社ランキング

2017/11/10 更新

TOPへ

(c)温泉についてくわしく! Allrighta.Reserved.